将来を見越した設計が必要

写真

BSやCS放送が始まり、インターネットも当たり前という現代において、購入するマンションや家も、それら情報化時代に対応したものでなければナンセンスだ。そのため将来を見越した設計が必要になってくる。そこでチェックしたい項目の一つとして、電話回線の差し込み口がある。自分の部屋でインターネットがしたくても現段階では差し込み口は各家庭に一つか二つというマンションが少なくない、これではとうていできない。テレピアンテナの差し込みも同様で、いまやテレビは一家に1台ではなく、各部屋に1台という時代になっている。おまけにBSやCSデジタルのもつ多様な機能に対応するためには、それらに応じた差し込みぐちが必要になってくるのだ。

写真

差込口が少ないままだと家中を配線コードが走り、見た目も悪くなるし、コードを壁に這わせることで壁を傷つける原因にもなり、いざ売るときの価格を下げる結果にもなってしまう。こうした事情を考えると、今や電話とテレビの差し込み口は各部屋にあるほうが望ましいのだ。注文住宅の場合なら設計段階でその旨を申し出れば問題ないだろうし、マンションなら出来るだけ差し込み口の多い物件を選ぶようにすればいい。